2004年10月12日

ALI PROJECT II

 エンドレスで聞いてるんですが、聞き慣れると異様な感じは受けなくて妙に安らぐのは私だけでしょうか。それでいてトぶ。安らぎつつもトぶ。なんて凄い音楽だ!と思う今日この頃です。

 ALI PROJECTと言えば「コッペリアの柩」「月蝕グランギニョル」等のある種異様な曲がまずあるんですが、それだけじゃなくて「ピアニィ・ピンク」「pastel pure」なんてまったく方向性の違う曲も作っているようです。最初聞いたとき、あまりのギャップに思わず笑ってしまいました。「ほんとに同じALI PROJECTなのか!?」って。
 ALI PROJECTの別の方向性。確かにそれらの曲も素晴らしい出来です。
 しかし、どうにも普通なんですよね。私がALI PROJECTに求めているのはその異質とも言える独特の音楽ですから、正直なところその他は別にどうでもいいです(こら。
 でも、もっと色々聞けばまた意見は変わるかも。

 ところで頭に残る、脳を浸蝕するような曲といえば最近も流行ってると思いませんか?
 そう、アレですアレ。(゚∀゚)ラヴィ!!
posted by Titel at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Impression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/793944

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。