2004年11月12日

蒼穹のファフナー

 現在までの放映分を一気に見た。
 やばいなあ、面白いなあファフナー。パクリとか言われてるけど、私が素直に面白いと思うのは普段アニメをあまり見ないからだろうか。
 何はともあれ乙姫が可愛い<そっちか。
 しかし、ようやく世界に生まれて余命三ヶ月ってちょっと可哀想過ぎて泣けるんですが。何とかしてあげてくださいスタッフの人。切に。ほんと切に。

 全体としてはエヴァみたいなところが見えますね。集合意識生物としてのフェストゥム、しかしそれも茜と同化したフェストゥムと、例の島のコアを乗っ取ったフェストゥムを見る限り個性が生まれつつあるようです。
「私は私になりつつある」
「我々はお前を認めない」
 あんた自己否定じゃねえかそれーと突っ込みつつ。
 と言うか、その前に「我々に肯定も否定もない」という様な事を言っている事から考えると、否定をしている時点でそれはもう個性の発露ですよね。いや、「私」が「我々」ではなくなったから否定しようとしたのかな。フェストゥムは自己否定の存在だから。ううむ、まだ一回しか見てないから見直さないとダメか。
 しかしながら自己否定、そして自己肯定、これが作品を貫くテーマの一つなのは疑うべきも無いでしょう。たぶん。
 エヴァっ「ぽいだけ」で、エヴァとは違うようなあと思ってみました。

 あ、あと脚本の人が変わってから一気に面白くなったのは確かだと思います。12話くらいからですね。沖方丁さん、と。覚えておこう。
 あれ、もしかしてポエムがなくなってからですか。そうかも。
posted by Titel at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Impression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1023292

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。