2004年11月11日

メモ

 個人的メモ。傍若無人本末転倒意味不明。
 
 書きたいものって言うかシーンっていうか。
 あれだ、サイキックものに見えて実は違うって辺りが、ロボットものに見えて実は違うエヴァに近いものを感じる……わけがない。
 私にオリジナリティなんてものを出せるわけが無いので、私が傑作と仰ぐ作品から壮大にパクらせて頂くことにする。え、やりすぎですか。正直ごめんなさい。
 元ネタがわかる人は「コイツ、何てありきたりなんだ」とニヨニヨしてください。

■ ゼロシフト
 零時間移動能力者のお嬢さんで、能力名が“ゼロシフト”の人と戦う話。都樹と沙彩とどっちが適任かなあ。沙彩と都樹を取り合ってバトルって言うのは……だめだな、ゼロシフト使いが一方的に沙彩に因縁を付けるパターンしか浮かばん。
 とにかくANUBISは最高ですって話でした<違う。
 分類は法則改竄系かと思われる。分類って何だよ。

■ ザ・ミラー
 鏡だらけの世界。最近デモベやったからニトクリスの鏡だなコイツめ、と言う話では決して無い。名前だけならヤマモト・ヨーコのザ・ミラーからと明言できるが、実際はどんなものか何も決めていない。とにかく鏡。鏡の話が書きたいんですよ。何でだろう。
 たとえば複製。うーん微ッ妙。じゃあ二人いる!系統。ミラーっつうかドッペルゲンガーですな。コピー、ミラー、鏡と言うと写す、複写、複製、あとは入り口か。うーんどうしようかな。
 ところでヨーコのザ・ミラーってどんなものでしたっけ<おいおい。
 分類は具象顕現系か。

■ 都樹の能力
 身体能力を格段に向上させる、基本的かつ最強の能力。最強ってのは嘘か。
 EEEでは異能力を使えても人間には変わりない、つまり身体的にはふつーの人たちばかりなので、都樹のこの能力は分類不能解析不能のジョーカー扱い。能力者からは気に留める必要も無い弱小能力であると認識されている反面、研究者や一部のESPからは非常に注目を受けていたりする。
 と言う事にしてみるとどうだろう。主人公があんまり強くないけど目立つかもしれない。無駄に注目を集めるのが主人公の必須条件ですから。ほんとかよそれ。
 とにかくこいつには銃弾を受け止めたりビルから飛び降りてみたりしてもらう予定。うわあ、大丈夫だと思ってても死ぬほど怖いだろうなあ。私なら絶対にやらないぞ。かわいそうに。
 分類は上記の通り不能。

■ 沙彩の能力
 綾識(しる)と綾織(おる)を自分でも間違えてしまう彼女の苗字にまつわる能力は、その名前が示すとおり“沙の彩と綾を識る”もの。元々そういう家系である事も関係しているらしいと言うことにする。超感覚的知覚と言う意味ではESPに近いものの、沙彩の場合は色と言うことで視覚に直結しているので、その辺は微妙な予感が。
 “沙”とは一億分の一の意味。極小のもの、つまりここでは素粒子レベルのものと指す。いや、素粒子はもっと小さいけど。いいじゃないか<いい加減やな。
 と言うか、そもそも素粒子は大きさはないもの、点として扱うのが一般的らしい。この辺は未だ発展途上らしく、コレと言った定説はないようだ。
 話がそれた。つまり沙=物質、彩=質料、綾=形相である。つまり観測能力者ということ。さらに観測した情報を素にして、未来を織る(予測)する能力をもつ。可能性予知能力といってもいいと思う。沙彩の領域でその予知といっていいほどの予測から外れる事は不可能。故に沙彩は真に人間でありながら、どんな能力者にも負けることは無い。
 と言うのはどうだろう。それなりに楽しそうに見える<えー。
 分類は超越知覚系。
 
■ 紅剣
 くれないのつるぎ。是非内気な女の子に振ってもらいたい<ダメ人間。
 特異能力なんぞ何も無い、ただやたら切れる剣。どれくらい切れるかと言うと、空気を切って海を切って空間も切るくらい切れる。ってもう特異能力そのものですがなこれ。
 そんなわけで不用意に振るうと死人が出ます、まじで。
 分類は具象顕現系。

■ ワールドファンタズム
 クレリカルのお嬢さん能力。まず名前が決まって効果は未定と言うある意味すごい状況。うわあどんな能力にするべ。ファンタズム繋がりで空想具現化みたいなのはどうだろうとか本気で考えるくらいネタがない。まずい。あとは能力を潰すアンチ系か。するとふじりゅーの太極図か。あ、なんかそれっぽい。
 分類は不明。と言うか分類のしようが無い。


 それにしてもですよ。
 こんな下らん事なら長々と書けるんだなあと思うわけで。あああ。
【関連する記事】
posted by Titel at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | E.E.E. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1015964

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。